132 Ladprao Soi 94
Bangkok Thailand

MTF陰茎陰嚢反転法

■陰茎陰嚢反転法による女性器形成■
陰茎の皮膚を利用して、小陰唇や大陰唇、クリトリスやその包皮等の女性器の外観を形成し、反転させた陰嚢の皮膚で、膣を形成します。
この手術では、外観のみではなく、基本的には性行為も可能な膣も形成されます。
ただし形成される膣の深さは、陰嚢の状態により異なります。
既に、睾丸摘出をされている場合は、陰嚢の皮膚が縮んでおり、摘出前の方に比べると、膣形成に必要な陰嚢の皮膚が、十分でない可能性もあります。このような場合は、患者の希望により、比較的体毛の少ない太腿付け根部分等からの皮膚を切り取り、その皮膚を付け足すことで、より深さのある膣形成が可能とされることもあります。
またこの術後は、医師の許可が出た後から、形成された膣の拡張作業(ダイレーション)が開始し、形成された膣が閉じることがないように、帰国後も、医師が指定する一定期間のダイレーションによるセルフケアが、欠かせません。
手術料金

・MTF陰茎反転法
286000バーツ≒905400円

▼別途、タイ人精神科医とのカウンセリング料2000バーツ≒6330円と、手術に必要な検査料39歳以下3300バーツ≒10450円、40歳以上5300バーツ≒16780円が必要です。

滞在日数/入院日数

バンコク滞在25泊26日/内入院日数6泊7日

術後の流れ

・この術後は、術後病室に戻ってきてから、飲食が可能です(ただし、大便を催さないように、数日間は、繊維質の多い食品は、避けて頂きます。)
・この術後は、手術部位に、血抜きのドレーンや排尿カテーテルが挿入されており、医師の判断で抜き取られます。
・形成された膣には、ガーゼが詰め込まれており、基本的には術後5日目に当たる日に、この詰め物を摘出します。
・退院後帰国まで、毎日通院して、看護婦による消毒ケアやダイレーションを受け、病院指定日に数回、医師の診察を受けます。

■術後起こり得る症状■
・長期間寝たきりの影響による偏頭痛や肩こりや腰痛/体力衰退/倦怠感
・感染症
・投与又は処方される薬によるアレルギー
・手術部位の腫れ※1
・手術部位の炎症/化膿/血や体液が溜まる/手術痕がケロイド状になる/内出血
・長時間の全身麻酔の影響で伴う吐き気/嘔吐
・手術の疲労、身体を動かさないため等の理由からの食欲不振
・長期間排尿カテーテルを挿入していることから起こる可能性がある膀胱炎※2
・形成された膣からの、または外観の縫合痕からの出血※3
注意点
※1術後の腫れ具合や、それが落ち着くまでの期間は、個人差があります。また、術後のこのような症状が原因で、腫れが引いた後、例えば、左右の小陰唇の大きさが均等でない等の症状が出る可能性もあります。
※2術後約1週間弱排尿カテーテルが挿入されており、無意識のうちに、尿が出て、管を通って袋に貯まるようになっています。そのため、カテーテルを抜き取った後、通常の尿意の感覚に戻るまで時間を要したり、また、数日間カテーテルを挿入していることが原因での膀胱炎を生じる可能性がありますので、カテーテルを挿入している時点から、まめに水分補給をして頂き、新陳代謝を高めて頂くことが大切です。
※3手術痕が癒えるまで、多からず少なからず出血を伴ったり、又は退院後の消毒時やダイレーションで、膣内に消毒液等が注入されるため、これらが後々排出されるため、生理用ナプキンを使用することをお勧め致します。

 

■参考スケジュール■
MTF陰茎反転法の場合の日程を、参考までにご案内致します。
1日目
日本からバンコクへ/空港から弊社宿泊施設へ宿泊
2日目
受付及び手術前診察/病院窓口で手術代金の支払い
3日目
手術日
・手術に備えて病室にて、剃毛/浣腸等を受けて、点滴をしながら、手術時間を待ちます。
4日目
入院中
5日目
入院中
6日目
入院中
7日目
入院中
8日目
入院中(問題がなければ、膣内の詰め物を摘出)
9日目
退院日(退院後宿泊施設へ)
10日目

・宿泊施設にて療養/毎日2回(午前と午後)看護婦の消毒ケアやダイレーションを受ける/病院指定日に術後診察及び抜糸
・術後の経過も良く体調も良ければ、買い物や観光等も可能。

25日目
夜の飛行機で帰国
26日目
朝に日本到着
*この術後は、術後の回復具合により、ガモン先生の判断で、排尿カテーテルを挿入しておく期間や、入院/滞在を延長せざるを得ない場合があるため、スケジュールには、十分余裕を持って来て下さい。
*ビザを取得して来なかった方が、万が一、バンコクへの滞在を延長せざるを得ず、タイへの滞在日数が30日を超える場合、入国管理局にて、滞在延長の手続きをします。