1213/214 sriwara Rd,Phlab-phla,Khet Wangthonglang,
Bangkok Thailand10310

MTFS字結腸による手術

■S字結腸による女性器形成■
陰茎等の皮膚を利用して、小陰唇や大陰唇、クリトリスやその包皮等の女性器の外観を形成し、大腸の一部であるS字結腸を使って、膣を形成します。
この方法で形成された膣は、腸独特の潤滑作用を持ち、また、陰茎陰嚢反転法で十分な深さの膣の形成が不可能とされた方でも、最適な深さを備えた膣の形成が、可能とされ、また、陰茎陰嚢反転法による術後、何らかの原因で、ダイレーションでは拡張不可能となった膣の再建手術にも、適用されます。
ただし、性器を形成するために、腸をも使う大手術になりますので、手術前、手術後共に、より確かな体調管理が、大切です。
またこの手術方法には、開腹による手術と、内視鏡による手術と、2つの手術方法から、選択が可能です。
【開腹による手術】
左脇腹の腸骨の上辺りが、切開されるため、腹部に手術痕が生じます。
【内視鏡による手術】
内視鏡を腹部内に挿入するため、3箇所の1cm前後の小さな切開傷と、左脇腹の腸骨の上辺りに、3cm前後の切開傷と、基本的には腹部に、4箇所の手術痕が生じます。

s%e5%ad%97%e7%b5%90%e8%85%b8%e6%89%8b%e8%a1%93%e3%81%ab%e5%82%99%e3%81%88%e3%81%a6

手術料金

・開腹による手術
400000バーツ≒1266230円

・内視鏡による手術
550000バーツ≒1741060円

▼別途、タイ人精神科医とのカウンセリング料2000バーツ≒6330円と、手術に必要な検査料39歳以下3300バーツ≒10450円、40歳以上5300バーツ≒16780円が必要です。

滞在日数/入院日数

バンコク滞在25泊26日/内入院日数7泊8日

術後の流れ

・この術後は、基本的に3日間前後、手術でダメージを受けた腸が回復するまで、飲食はできず、この期間は点滴のみとなります。
・この術後は、手術部位に、血抜きのドレーンや排尿カテーテルが挿入されており、医師の判断で抜き取られます。
・術後約1ヶ月間は、腸の機能がしっかり回復するまで、過度の食事摂取は、控えて下さい。
・退院後帰国まで、毎日通院して、看護婦による消毒ケアやダイレーションを受け、病院指定日に数回、医師の診察を受けます。

■術後起こり得る症状■
・長期間寝たきりの影響による偏頭痛や肩こりや腰痛/体力衰退/倦怠感
・感染症
・投与又は処方される薬によるアレルギー
・手術部位の腫れ※1
・手術部位の炎症/化膿/血や体液が溜まる/手術痕がケロイド状になる/内出血
・長時間の全身麻酔の影響で伴う吐き気/嘔吐
・手術の疲労、身体を動かさないため等の理由からの食欲不振
・長期間排尿カテーテルを挿入していることから起こる可能性がある膀胱炎※2
・形成された膣からの、または外観の縫合痕からの出血、腟壁となっている腸からの独特な分泌液の排出※3
・腸がダメージを受けていることが原因での消化不良、またはそれに似た症状※4
注意点
※1術後の腫れ具合や、それが落ち着くまでの期間は、個人差があります。また、術後のこのような症状が原因で、腫れが引いた後、例えば、左右の小陰唇の大きさが均等でない等の症状が出る可能性もあります。
※2術後約1週間弱排尿カテーテルが挿入されており、無意識のうちに、尿が出て、管を通って袋に貯まるようになっています。そのため、カテーテルを抜き取った後、通常の尿意の感覚に戻るまで時間を要したり、また、数日間カテーテルを挿入していることが原因での膀胱炎を生じる可能性がありますので、カテーテルを挿入している時点から、まめに水分補給をして頂き、新陳代謝を高めて頂くことが大切です。
※3手術痕が癒えるまで、多からず少なからず出血を伴ったり、腸独特の分泌液や、又は退院後の消毒時やダイレーションで、膣内に消毒液等が注入されるため、これらが後々排出されるため、生理用ナプキンを使用することをお勧め致します。
※4手術前に下剤等で強制的に排泄し飲食も制限され、また術後も、腸の回復が見えるまで飲食禁止等、この術後は、『食べれない』・『飲めない』と言った点で、大変不憫です。しかし、ダメージを受けた内臓の回復には、ある程度時間を必要としますので、術後の食事/体調管理には、十分気をつけて下さい。

 

■参考スケジュール■
MTF陰茎反転法の場合の日程を、参考までにご案内致します。
1日目
日本からバンコクへ/空港から弊社宿泊施設へ宿泊
2日目
受付及び手術前診察/病院窓口で手術代金の支払い/入院開始
3日目
手術日
・手術に備えて病室にて、剃毛/浣腸等を受けて、点滴をしながら、手術時間を待ちます。
4日目
入院中
5日目
入院中
6日目
入院中
7日目
入院中
8日目
入院中
9日目
入院中
10日目
退院日(退院後宿泊施設へ)
11日目

・宿泊施設にて療養/毎日2回(午前と午後)看護婦の消毒ケアやダイレーションを受ける/病院指定日に術後診察及び抜糸
・術後の経過も良く体調も良ければ、買い物や観光等も可能。

25日目
夜の飛行機で帰国
26日目
朝に日本到着
*この術後は、術後の回復具合により、ガモン先生の判断で、排尿カテーテルを挿入しておく期間や、入院/滞在を延長せざるを得ない場合があるため、スケジュールには、十分余裕を持って来て下さい。
*ビザを取得して来なかった方が、万が一、バンコクへの滞在を延長せざるを得ず、タイへの滞在日数が30日を超える場合、入国管理局にて、滞在延長の手続きをします。