1213/214 sriwara Rd,Phlab-phla,Khet Wangthonglang,
Bangkok Thailand10310

膣閉鎖尿道延長手術

■膣閉鎖尿道延長とは…■
この手術は、男性にはない、女性特有の膣を完全に閉じます。 また、尿道の位置は、男性と女性では異なりますので、膣の組織を用いて、尿道を延長し、尿道の位置を女性的な奥まったところから、男性的な前よりの方へ変え、最終段階の陰茎形成と繋がります。 しかし、尿道口の位置が以前より前向きになるとは言え、この手術を終えたのみでは、立っての排尿は不可能です。またこの手術は、陰茎形成手術の下準備に当たる、前腕部の尿道形成手術と同時に、手術を行うことが可能とされています。 またヤンヒー病院では、各子宮卵巣摘出手術と同時に、膣閉鎖のみ、若しくは膣閉鎖尿道延長同時手術は、同時に行うことはできません。

 

手術料金

140000バーツ≒482100円
▼この手術代金には、手術に必要な検査料/タイ人精神科医とのカウンセリング料が、含まれております。
▼術後の痛み止めペインフリーをご希望の場合は、別途3000バーツ≒10330円必要になります。

滞在日数/入院日数

バンコク滞在14泊15日/内入院日数7泊8日(手術日前日からの入院を含む)

術後の流れ

・この術後は、膣閉鎖尿道延長を施した陰部に、排尿カテーテルと血抜きのためのドレーンが、挿入されいます。
・血抜きのドレーンは、出血具合を見て、医師の許可が出た後に、抜き取られます。
・排尿カテーテルが抜き取られるまで、ベッドから降りて歩いたり等、自由に動く事はできません。
・排尿カテーテルは、基本的には、退院前日に抜き取られて、ベッドから降りて歩けるようになります。ただし、術後の回復状態によっては、担当医の判断で、カテーテルの挿入期間、及び入院期間が延長される場合もありますので、予めご了承下さい。
・排尿カテーテルを挿入している期間が長いので、出来るだけたくさん飲水して頂き、排尿を促すことを、推奨します。
・膣は完全閉鎖しても、傷が癒えていく過程で、若干の出血が続きます。
・膣閉鎖部の手術痕は、大変デリケートですので、術後退院後も、大股で歩いたり、日常生活で、股間を開くようなこと(胡坐等)は、基本的には術後1か月間は、避けて頂きたく思います。
・この術後1か月間は、手術を受けた陰部に、極力刺激を与えないようにするために、バイクや自転車の運転は、避けて頂くことを厳守してください。

■術後起こり得る症状■
・感染症・投与又は処方される薬によるアレルギー・手術部位の腫れ・炎症・手術痕の化膿・膣からの出血・血や体液が溜まる・血腫・手術痕がケロイド状になる等・膣閉鎖を施した部分の傷が癒えないうちに、負荷をかけてしまった場合、その部分の傷の治りが悪く、傷が開く可能性があります。
・膣閉鎖時、分泌物を排出するバルトリン腺も取り除きますが、このバルトリン腺の位置等には個人差があり、医師はその状態を把握した上で手術に臨むことは不可能なため、全て取り除かれない場合があり、このような場合は、術後陰部に、オデキのようなデキモノが生じる場合があります。このような症状は、全体の1〜2%未満の確率で生じる可能性があるとのことです。
・尿道延長を施した尿道には、術後6日間前後、排尿カテーテルが挿入されたままになっており、無意識のうちに、排尿をしています。そのため、カテーテルを抜き取った後、頻尿気味になりやすかったり、または、尿意を催しているけど、排尿し辛い等の症状に、悩まされる場合があります。
・排尿カテーテルを抜き取った後、万が一、尿の出が思わしくない場合、膀胱が張るくらいになっても、尿が自然に出ない場合は、熟練した看護婦が、応急処置でカテーテルを挿入し、一時的に、排尿を促すことがあります。
・排尿カテーテルを挿入していても、力んだ際に、尿道とカテーテルの僅かな隙間から、尿が漏れてくる可能性があります。万が一、このような状態になった時は、そのまま放置せず、看護婦さんに、清潔に消毒をしてもらいます。

 

■参考スケジュール■
・1日目
日本からバンコクへ/病院宿泊施設へ宿泊
・2日目
受付及び手術前診察/検査/入院開始
・3日目
手術日
・4日目
入院中
5日目
入院中
6日目
入院中
7日目
入院中
8日目
入院中
9日目
退院日/宿泊施設へ移動
10日目
フリー
11日目
フリー
12日目
フリー
13日目
午前中術後診察/午後フリー
14日目
夜の飛行機に搭乗し帰国
・15日目
朝に日本到着
*排尿カテーテルを抜いた後、自力での排尿が困難な場合等、医師の指示により、入院が延長される可能性があります。
*術後診察日は、退院日に、病院に指定された日に行われます。

前に戻る