1213/214 sriwara Rd,Phlab-phla,Khet Wangthonglang,
Bangkok Thailand10310

持ち物について

タイに手術のために渡航するにあたり、海外でも不便をしないようにと、何を持っていくか検討されることと思います。
そこで、手術を控えた方々のために、何を持参し、何は必要ないのか参考になるように、持って来て頂くものの例を、下記に記載致します。

■必ずご持参下さい!■
手術を受けるために、忘れずにご持参頂かなければならないものです。
・パスポート
・日本の精神科医からの診断書の原本
・現金
・航空券e-チケット
・海外旅行保険の手帳等(加入者のみ)
・健康診断結果原本※1
※1
健康状態に不安があったり、持病等で、手術を受ける病院から、日本で事前に検査を受けるようにと、指示があった方の場合です。健康体の方の場合、日本で事前に検査を受けるかどうかは、強制ではありませんが、もし受けてきて頂いたとしても、基本的には手術前に、それぞれの病院で、手術に必要な検査を受けて頂くことになりますので、予めご了承下さい。
☆補足☆
医療保険等に加入されている場合、その保険が適用される場合がありますので、ご家族にご確認頂き、もし、加入されている場合は、保険会社から、病院に提出し記入してもらうための、英文の書類をご持参頂けたら幸いです。
この書類は、担当医が必要事項を全て記入してくれ、帰国後保険会社に提出して頂くと、加入されている保険会社の規定に沿って、保険が適用される場合は、保険金がおります。
これは、既に加入されている方の場合で、これから手術のためにと加入する事は出来ませんので、予めご了承下さい。

 

衣類について

・半袖3−4枚
・下着大目に(術後で血が付いたりしますので大目に持ってきた方が便利かと思います。)
・半ズボン
*腹部または下半身の手術を受けた後は、ベルトを必要としないズボンの方が、より快適かと思われます。
*ズボンは、生地が柔らかめのものが、快適かと思います。

*尿道延長/ミニペニス形成/皮弁法陰茎形成手術後は、排尿カテーテルを装着したままの生活になったり、形成された陰茎を圧迫しないようにするためにも、ゆとりのあるズボンをお勧めいたします。
*乳腺摘出手術を受ける方の場合、術後腕が上がりづらい可能性もありますので、心配な方は、前開きのシャツ等1枚あると便利です。
*冷房が効きすぎて寒いところがあるかも知れませんので、長袖の物を1枚でもご持参頂けたら、重宝するかと思います。
*入院中は病院の入院着を着用して頂きます。

日用品

・シャンプー/トリートメント/ボディシャンプー
・洗顔料
・歯ブラシ等
*シャンプー/トリートメント/ボディシャンプーは、宿泊施設や各病院の病室に完備されております。ただし、敏感肌等で、いつもと違うものを使うと、肌が荒れたり、痒み等生じるという方は、普段ご使用されている物を、忘れずにご持参下さい。
*バスタオルやタオルは、備え付けられてありますので、ご持参頂く必要はありません。

あると便利

・ご自身の携帯電話/スマートフォン/充電器
・パソコン
・映画やPV等のDVDディスク
・ポータブルゲーム機
・常備薬(鎮痛剤や胃薬等)
・サンダル等
・体や顔を拭くウェットティッシュ
・術後出血が続く場合に備えて生理用ナプキン(タイでも購入可)
*タイの薬局でも、鎮痛剤等は販売しており購入可能ですが、日本のメーカーの薬品を手に入れることは、非常に困難です。ですから、現地での調達ということは考えずに、必要な薬等は、必ずご持参下さい。
*タイで睡眠薬の処方を希望する場合、手軽に薬局で購入することはできず、病院へ行き、精神科医の診察/カウンセリングを受けた上で、処方を受けることになります。ですから時間もかかり、処方される睡眠薬も、普段服用しているものと全く同じものとは限りませんので、必要な方は、タイ渡航前に、担当医に相談をして頂き、タイでの滞在に備えて頂きますよう、お願い致します。
*体や顔を拭くウェットティッシュは、タイの量販店でも購入可能ですが、日本で売っているメーカーのものは、入手困難です。普段と違うものを使うことにより、肌荒れや湿疹、痒み等を生じる原因にもなりますので、必要な方は、日本で購入されて来ることをお勧め致します。

~注意~
*機内に持ち込む手荷物(リュックやポーチ等に入れる物)には、水物(整髪料やボディスプレー等も)は持込禁止となっています。このような物は全て、スーツケースに入れるようにして下さい。
*スマートフォンやタブレット等の充電のための、モバイルバッテリーは、機内へ持込禁止となっておりますので、持参される方は、スーツケース等預け荷物の方へ入れるようにして下さい。
*その他荷物や手荷物に関しては、ご利用される航空会社の規定に、しっかりと従って下さい。
*日本のドライヤーやヘアアイロンは、変圧器を利用しても危険が伴うため、使用出来ませんので、ご持参なさらないで下さい。ドライヤーは、各施設で、無料でレンタル出来ます。

万が一、何か忘れたり不足だったりしても(必需品、薬等以外で)、こちらででも日本と同じような物は売っておりますので、ご安心下さい。

またWIFI(インターネット)は、各病院内、宿泊施設内で、無料で利用出来ます。
スマートフォン等、WIFIでインターネットに接続すれば、LINEやfacebook等も、日本にいる時と同じように利用出来ます。